景観事業促進工業会設立のお知らせ


21世紀を迎え、世界は大きく変わりつつあります!

世界の国々では環境保全、炭酸ガスの低減、緑化推進等が叫ばれ、我が国でも資源の 有効活用と廃棄物の減量を目的として『再生資源利用促進法』『循環型社会形成推進基本法』 につづき、本年4月から『グリーン購入法』が施行されます。  こうした動きの根幹にある精神は、真の豊かさを求める『自然回帰』であると思います。このことは、人間の欲望 によって傷ついた環境や動植物への陳謝といたわりであり、自然は征服するものではなく、 共生すべきものであると気づいた我々自身の未来への配慮なのだと考えます。

●傷ついた自然を癒し、環境を保全する。

●環境を良化し、真の豊かさを実現する。

今、我々はこのことに力を注がねばなりません。
我々自身の意識改革、『使い捨て社会』から『循環型社会』への移行の必要性を感じます。この大きな意識改革の流れに呼応すべく、我々は全国関連業種30社をもって本年1月、当工業会を設立致しました。
そして・・・
●リデュース(ゴミ抑制)
リュース(再使用)
リサイクル(再資源化) ・・・の3R促進 に向け、まずは『循環型社会』創生のニーズに応え、社会に貢献をと考えています。
その手段のひとつとして、 かねてより研究開発をすすめておりました新世代の舗装材として『リクターマット』を全国的にご紹介致します。

『リクターマット』は使用済みタイヤのリサイクルゴムを主原料にした製品で、足にやさし いクッション性、スリップによる転倒を防ぐスベリ抵抗性、さらには免震性、吸音性などに富み、その抜群の透水性と保水性により、ヒートアイランド現象の抑制にも絶大な効果を発 揮する新世紀にふさわしい舗装材料です。

『リクターマット』は表面化粧材を工夫することによりどんな景観にも適合でき、建設廃材、 間伐材、廃ガラス、汚泥、焼却灰ブロック等各種リサイクル材料も化粧材として活用できま す。

当工業会は単一の製品、工法を普及させることが目的ではなく、全国各地に眠っている優良な景観材料、工法を発掘し、その普及に努めることで社会に貢献することが真の目的では ありますが、当面は『リクターマット』を中心にして事業展開をはかり、行き場がなく野ざ らしにされた使用済みタイヤのリサイクル対策に貢献して行きたいと思っております。

当工業会では、今後とも人と自然にやさしいさまざまな環境製品、工法を開発しつつ、微力ながら地球環境の改善に尽力します!



景観事業促進工業会

Copyright 2001 KEIKAN_JIGYOU_SOKUSHIN_KOUGYOUKAI. All Rights Reserved